レビュー評価満点!クチコミ評価の高い5つ星★シーン別ギフトをご紹介
Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 糖代謝検査 >> 糖代謝検査は何を見ているのか

糖代謝検査は何を見ているのか

糖代謝検査ってやりますね。いわゆる血液検査です。
これって何を見ているのでしょうか?

そのまんま東ですが、血糖値を見ています。血中のブドウ糖の
濃度ですね。この濃度がいつ、どれくらいの値になっているのか、
ということを見たいわけです。

もちろん血糖値というのは食事をすることによって変化します。
この変化の仕方も実は大事だったりします。食事をしていない時、
つまり夜間の血糖値の変化も重要です。

つまり、体がエネルギーのコントロールをしっかりとできているか、
具体的には膵臓と肝臓がきちんと機能しているか、ということを
血糖値を見ることによって間接的にわかるということです。

インスリンの分泌がされておらず、血糖値が高くなっていれば
おそらく膵臓がうまく機能していない可能性があります。肝臓が
機能せずにグリコーゲンの貯蔵がうまくいっていないとか。

これらを見るために空腹時血糖値とか随時血糖値(食後血糖値)や
グリコヘモグロビン、A1c、Hb、A1cといった数値を見るのです。
後は尿検査なども。

ただ、この後の対応は慎重にする必要があるでしょう。というのも
インスリン分泌がうまくいっていないからといって、すぐに注射を
打つ、薬を飲む、というのは賛成できません。

あくまで表面化したのがインスリン分泌機能の低下だったということで、
それを代替すれば全てがうまくいくかどうか、というのは別問題だと
思うからです。

人間の体はかなり複雑にできています。一つのことが単独で存在して
いるということは無いと言ってもいいでしょう。何か目に見える形で
異常が見つかったとすると、それはその部分だけの異常ではなく、
体全体を見た上での対処を検討しなくてはならない異常だということです。

咳一つとってもそうですよね。咳止め飲めばいいか、というとそうではなく、
空気が悪いのか、ストレスなのか、喉が腫れているのか。そしてその腫れは
どこから来ているのか。内臓が悪いのがまわりまわって喉の腫れになって
いるのか、胃が悪く、消化ができていないために、必要な栄養分が不足し
その結果喉が腫れているのか。

こういったことを踏まえた対処が必要になっていくわけです。
それなのに、部分的な現象を踏まえて、すぐに薬の投与、ということを
してしまうと、逆にそこからまた体の機能の異常を引き起こしてしまい、
さらなる薬の投与、というなんとも気持ち悪いことになってしまいます。

現在の医学は、正確に言うと西洋医学は、それぞれの分野に細かく
分かれています。専門性が高まるというメリットがある一方で、
分野同士の相互の関連性というものがどれくらい考慮されているのか、
というのがわかりづらいですよね。

薬というのはあくまで一時的な押さえつけでしかありません。
最終的には人間の体が本来持つ自然治癒力をもって治療をしなければ
完治したことにはならないのです。これを踏まえた対処をしていきたい
ものです。薬漬けは怖いですね。。
 
JUGEMテーマ:糖尿病
totaisyaa | comments(0) | - | pookmark | category:糖代謝検査

お気に入り

Category

ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村
雑学・豆知識ランキング

楽天

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode