レビュー評価満点!クチコミ評価の高い5つ星★シーン別ギフトをご紹介
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 糖代謝とは >> 糖代謝を良くするには

糖代謝を良くするには

糖代謝を良くするにはいくつかの方法が考えられます。

 

1.筋肉をつける

筋肉は体内でも一番エネルギーを消費する器官です。この筋肉が少ないと体はあまり

エネルギーを消費しようとしません。そうするとエネルギー生産も必要ないと思われ、

糖代謝も沈静化していってしまいます。

 

 

2.糖代謝をサポートするビタミンを摂る

糖代謝がうまく行かない人に多いのがビタミン不足です。炭水化物ばかりを食べて

しまったり、菓子パンだけを食べてしまったりするケースですね。

 

しかし糖だけが体内に入ってきても代謝することができません。糖を代謝するためには

様々な栄養素が関係してきますが、中でも重要なのがビタミンB群です。

 

特にビタミンB1は糖代謝には欠かせません。ビタミンB1を多く含む食品としては

豚肉があります。

 

また玄米にもビタミンB1は含まれます。そういう意味では玄米はバランスの取れた

食品になっています。

 

3.よく噛む

地味ですが大事でです。唾液に含まれるアミラーゼが澱粉を分解してくれます。

MEC30という食事法がありますが、この30というのは30回噛みましょうという

意味です。

 

噛めば噛むほどおいしくなると言う人もいるくらい噛むことは食事に大事です。

そして噛むと満腹中枢が刺激されますので、必要以上に食べなくなります。

 

4.糖代謝以外の選択肢を持つ

どうして糖代謝が重要かというと人間が生きていく上で欠かせないエネルギー産生を

担っているからです。ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる人間が生きていく上で

欠かせないエネルギー源を作り出すために糖質は使われます。

 

ただ、このATPを作れるのは糖質に限りません。たんぱく質、脂質からも作ることが

できます。そういう意味で糖質ばかりを食べるのではなく、たまには糖質を少なめにして

たんぱく質、脂質中心の食生活をしてみることもいいでしょう。

 

たんぱく質からATPを作ることは糖新生と呼ばれます。

脂質代謝は糖質よりはるかに効率のいいATP産生をすることが知られています。

 

 

5.ミトコンドリアを元気にする

糖質代謝を行いATPを産出しているのは細胞の中にいるミトコンドリアと呼ばれる

バクテリアです。そうです。人間はバクテリアを体内、細胞内に飼うことによって

エネルギーを作り出しているのです。共生とも呼びます。

 

このミトコンドリアと呼ばれるバクテリアが元気でないと人間も元気でいられません。

糖代謝も良くなりません。

 

そのためには、有害な物質の摂取をやめることです。具体的には、

・添加物

・合成着色料

・精製糖質

・喫煙

・過度な飲酒

これらを止めましょう。全て糖代謝を阻害し、どんどんミトコンドリアから

元気を奪っていきます。

 

それから睡眠不足や過度な負荷をかけたトレーニング。こういったことも

ミトコンドリアの活動を衰えさせる可能性があります。

 

トレーニングに関しては適度なものであれば逆にミトコンドリアは元気に

なりますが、例えばマラソンのような過酷な運動は通常は必要ないでしょう。

 

JUGEMテーマ:糖質制限ダイエット

totaisyaa | comments(0) | - | pookmark | category:糖代謝とは
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








お気に入り

Category

ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村
雑学・豆知識ランキング

楽天

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode